Adobe PremierePro

PremiereProでカラー補正

動画ファイルの編集で不可欠と言っても過言ではない、音補正とカラー補正。
今回はPremiereProでのカラー補正について、めもしていきます。

では、補正の方法を少し説明していきましょう。
補正にはLumetriカラーを使用します。

ここにある補正レベルをいろいろといじっていくとよくわかると思います。

記事が古いので近々リライトします!

関連記事(PremiereProでカラー補正)

ホワイトバランスの調整
明るさの調整
彩度の調整

【基本なところ】

・色温度
・色かぶり補正
・露出調整
・コントラスト
・ハイライト/シャドウ
・白レベル/黒レベル
・彩度
この辺りを処理すると、だいぶ良くなるかと思います。

もっと補正かけたのがわかりやすい動画を使えばよかった。。

 

基本補正の下、クリエイティブとかカーブ、ホイールを使用知れば、更に詳細にわたっていろいろ補正できます。
こだわる場合はこちらの使用は不可欠でしょう。

 

[quads id=1]

【簡易的な補正だけでも大丈夫な場合】

自動補正を使ってその後微調整する。

基本補正の一番下が彩度、その上にリセットと自動というボタンがあります。そこの自動を押すと自動補正されます。

 

クリエイティブパネル内のLookというところ(画像があるとこと)の下に画面があります。
矢印を送っていくと、プリセットされている補正がかかった画面がプレビューされていきます。
好みや良さそうなのを選んであとは微調整とかする。

いろいろ試してみると面白いですね。

 

通常の編集で1本の動画の補正の場合は、その動画だけを納得のいくように補正。

2カメラ、3カメラなど複数のカメラ切り替えがある動画編集の場合、
同じカメラで撮影していない場合は、色調の違いが出ると思います。
それを出来る限り同じ様な状態に持っていく事でより見やすい動画となると思います。