Adobe PremierePro

明るさの調整 Premiere Proでカラー補正

明るさの調整も、ホワイトバランス調整と共に必須でしょう。
色合いとかいろいろ絡んでくるところもありますが、
とりあえず基本補正の部分で説明して行こうかと思います。

映像の明るさを調整する方法

こちらも、Lumetriカラーパネル内の基本補正のトーンで調整します。
上から順に書いていきますが、クリップの状態によって調整の必要は変わってきます。

基本補正で思ったようにいかないときはトーンカーブもつかいましょう!(いつか記事に)
確認はLumetriスコープを使うとわかりやすいかも。

露光の調整

単純に明るさの設定

暗く ←◎→ 明るく

明るすぎて撮影したのを全体を暗めにしたい、全体が暗すぎるときに明るく。
トーン全体が暗いとか明いというときに大雑把な感じで調整するのに使います。

全部のトーンに影響するので、明るさに問題がある映像の場合、あたり的に露光で調整して、各トーンの調整はこの下の項目やカーブなどを使う。

コントラスト

カラーのミッドトーンに影響する
中間から明るい部分が明るく ←◎→ 中間から暗い部分が暗く

明暗の境目のトーン調整になるので、明るくすると、ほわっとする感じ、暗くするとバキッとする感じ。

イライト

明るい部分の調整
ハイライトが暗く ←◎→ ハイライトが明るく

白飛びのある時に使用してみると若干軽減されるかな、ハイライトだけオーバーの時につかうときもある。

シャドウ

暗い部分の調整
シャドウが暗く ←◎→ シャドウが明るく

なんか締まりがないなって時はこちらの数値を下げるといい感じになる場合があります。
素材によっては暗い色が崩壊することもあるので様子を見て。

白レベル

白レベル調整
ハイライトのクリッピング量が減少 ←◎→ ハイライトのクリッピング量が増加

白い部分が明るすぎる(白飛び)ときや、白を基準に全体的に明るくしたい、白がちょっと暗いなぁってときは数値を上げる。

黒レベル

黒レベル調整
黒のクリッピング量が増加(シャドウが純粋な黒に寄る)←◎→ 黒のクリッピング量が減少

黒い部分の色の濃さって感じですかね、シャドウと一緒にいじることが多いのかな。

リセット

上記の設定すべてのコントロール数値を元の設定に戻す
全部0の状態に戻す

自動

階調スケール全体の設定(露光から黒レベルまで)数値をソフトが自動で適正な感じに調整してくれます。
これをとりあえずやってみてから調整したり、まったく頼らずやったり、その時によりいろいろですが、自動を利用したほうが手っ取り早い場合が多いかも。

彩度

明るさには関係ないですが、カラー彩度の均等調整

 

個別に設定リセットをしたい場合は
スライダーの操作で0にするのはすっごい面倒

数値入力に0入れるのもちょっと面倒

リセットしたいバーをダブルクリックすると0になる。

※ホワイトバランス・彩度については別記事で。