Adobe PremierePro

彩度の調整 Premiere Proでカラー補正

彩度の調整も、ホワイトバランス・明るさの調整と共に必須といえます。
色の鮮やかさの調整ですね。
今、ushiがよく使う彩度調整の部分の説明になります。

こちらも、Lumetriカラーパネル基本補正およびクリエイティブタブ内で調整します。

基本補正

彩度

Lumetriカラーパネル基本補正の一番下
ビデオすべてのカラーの彩度を均等に調整
彩度が下がる ←◎→ 彩度が上がる

 

クリエイティブ

色あせたフィルム

ビデオに色あせた感じにします。

シャープ

エッジの鮮明さの調整
エッジが緩む ←◎→ エッジが効く
※あまりいじりすぎると不自然になるので、ここをいじる必要があるときは慎重にしています。

自然な彩度

彩度の高いカラーへの影響を抑えつつ、彩度の低いカラーの彩度の調整ができます。
人が映っていて、肌の色への影響を少なくしたい場合はここを使う事が多いです。

彩度

クリップ内のすべてのカラーの彩度を0(モノクロ)~200(2倍)の範囲で調整

色合いホイール

シャドウとハイライトの色合いの調整ができる

色相調整バランス

マゼンダ・緑の調整

 

 

あとよく使うのが、RGBカーブと色相/彩度のカーブ

カーブ

RGBカーブ

各階調ごとの調整やRGBごとの成分調整が可能

基本補正よりさらに細やかな補正が出来ますが、今やっている動画編集ではよほどのことがない限りはあまり使用しません。

色相/彩度カーブ

特定の色相の彩度を調整


ホイールの中央にある白い線で調節していきますがホイールの下にあるクイックカラーセレクターを選択するか、または特定の色の周辺の白い線の上をクリックすることにより、ポイントがポツンとは追加されます。
そのポイントを動かすことで彩度が変わります。

 

例:トマトの赤を調節したい

ホイール下のクイックカラーセレクタ―の赤を選択する
周辺を含む3個のポイントができます。

真ん中のポイントを円の外側に持っていきます。
すると赤だけが際立ちます。円の中心に近づけるとグレーに近づきます。


ポイントは白い線上をクリックすることで、任意の場所に作れますので、色の感じで必要なポイント増やしたりして調節みてください。

元の状態に戻したい場合、ホイール内どこでもダブルクリックで全て曲線が初期値に戻ります。

ここまでが今のところushiがよく使う部分ですので、今回はここまでとします。
他にもさらにありますが、またこんど出来たらと思います。