Adobe PremierePro

ホワイトバランスの調整 Premiere Proでカラー補正

撮影されたデータを編集するのに、基本的な補正から効果的に見せるような調整まで幅広く、よりよく見せるためにカラー調整は必要ですよね。
今、機材の性能も上がって、撮影の状況や腕がよければ、基本的な補正についてはあまりしなくても問題ない(撮って出し映像)ことが多いのですが、少なからず、調整は必要ですね。

今回はホワイトバランスについて、Premiere Pro CCでのホワイトバランス調整のしかたについてです。

ホワイトバランスとは

撮影したときの色の影響をなくして白は限りなく真白にすること。

電球色の照明下で撮影すると黄色っぽい感じに、
蛍光灯の照明下で撮影すると青っぽい感じなります。

作品により照明を意図している場合は別ですが、撮影の時のWBの設定ががうまくいっていない場合は適切なホワイトバランスにしてあげる必要があります。

プレミアプロでは基本的にはLumetriカラーパネルの
色温度(ブルー←→アンバー)
色かぶり補正(グリーン←→マゼンタ)で調整します。

 

ホワイトバラス調整方法

まず、ホワイトバランスを調整するには、Lumetriカラーパネル内、
色温度と色かぶりの部分のスライダーを動かして微調整します。

Lumetriカラーパネルを開く

ワークスペースのエフェクトを選んでいる場合は右にあるタブをクリックするとLumetriカラーパネル(赤枠内)が開く

 

ワークスペースのカラーを選んでいるとデフォルトで右側にLumetriカラーパネル(赤枠内)が開いている状態ですね。


※画面にワークスペースがなかったりLumetriカラーパネルがなかったりした場合はメニューの「ウィンドウ」から開いてください。

 

基本補正ホワイトバランスのところ(↑の写真の白で四角く囲っている部分)、
WBセレクターと書いてある横にスポイトがあると思いますがクリックして、
動画内、白であるべき場所を選択すると自動で補正がかかります。


かなりいい具合に補正がかかりますが、微調整は必要なことが多いので、
あとは、目視で色温度と色かぶり補正の部分のスライダーで調整といった感じで処理する事が多いです。

いじっているとだんだん何が正解なのかわかんなくなっていくってこともよくあるお>(´・ω・`)

色温度:ホワイトバランスの調整寒色暖色の補正
寒色系 ←◎→ 暖色系

色かぶり補正:ホワイトバランスの調整グリーンマゼンタの色あい補正
緑色が加わる ←◎→ マゼンダが加わる

あとは基本補正パネル内にあある、露光と彩度を少し調節するだけでもかなり違くなると思います。

動画編集するに当たり、最低限した方がいいところでしょうか。