動画編集メモ

在宅で動画のお仕事をする上でやったこと的な-その2-

ぶっちゃけますと、しばらくはものすごい受け身的な考え方で、動画制作をお仕事としてやっていけるようになるためにどうすればいいのかって考えをしてました。

実績ほぼなし!そんなうしがとった行動

①クラウドソーシングに登録

2016年ごろから、3か所登録して利用し始めてみる。そのころはまだ動画の仕事の募集が少なく、それでも何とかお仕事をいただけるようになる。
とにかく実績が欲しくて、報酬が少なくても応募しまくってました。。。

②アルバイト応募とか映像特化の派遣?登録

業界での勤務経験が欲しいと思い探しましたが、フルタイムでないと、というところが多く、断念しかけたときに、動画編集のアルバイトが決まる。現在業務委託に切り替えてもらっている。

③動画制作時間の占有率を上げるためお仕事の調整と準備

フリーになって以来、動画以外の仕事もやっているため、どっちつかずの状態を意識的に動画寄りにする。

④実績ポートフォリオの充実のため動きはじめる←いまここ

クラウドソーシングでの案件とか委託のお仕事については、自分の実績として作品を提示できないことが多く、実際にたくさんの制作をしていても、制作物をポーフォリオには掲載できないという、口だけ番長的な感じになってしまいます。

③をしないとなかなか動けなかった自分ですが、自コンテンツを持ち、制作して、それを見てもらったりやりたいことに向けて活動しているという事が重要だと、今更snsを始める。

 

色々と、おっそいなぁ~(笑)

 

公開可能な実績があるといいに越したことはないけど、たとえなくてもオリジナル制作物を入れたりして、ポートフォリオを充実させることが必要と実感してます。
うしはまだ全然充実していないので、もっと作っていこうと思います。

 

VookのビデオグラファーズTOKYO見てすごい勉強になった。
皆さんすごいです。世界は広い自分は狭い。