Adobe PremierePro 動画編集メモ

プレミアプロでAdobeプレイヤー(player:5)というエラーが出たとき(過去の話)

2020年6月2日

先日、PremiereProの旧バージョンで作成した
プロジェクトファイルを使うお仕事をいただき、
旧バージョンのものを開こうとすると下記メッセージと保存先とファイル名の表示がされて新しいバージョン対応のファイルを作成してくれてそのまま開かれるんですが、

展開後に
A low-level exception occurred in
Adobe プレイヤー(Player:5)
というあまり見たことないエラーが、
この赤いのどっきりしますw


いやー!シーケンスタイムラインを確認してみると何にも映らない、ゴールドゴージャス。。。

一時的なものかもしれませんが。バージョンは14.1

なんと、これ書き終わったときにバージョンアップが来ているのに気づき、もしやと思って14.2にしたらなんとなおっていた! うれしい反面がーん、でもなんか役に立つことがあるかもしれないので残しておきますw

解決策

ファイル → プロジェクト設定 → 一般

ビデオレンダリングおよび再生
レンダラーのところを
「Mercury Playback Engine - GPU 高速処理(CUDA)」これがデフォルトになっていると思いますが、下にある
「Mercury Playback Engine - ソフトウェア処理」

に変えるとプレビューされるようになりました。

皆さんがこの処理だけで解決できればいいのですが、もしかしたらダメな方もいるかもしれませんね。

一応解決したので、メモっておきます~

-Adobe PremierePro, 動画編集メモ

error: Content is protected !!