Adobe PremierePro

納品の時にデータをまとめる方法(PremierePro)

動画を作ってプロジェクトデータごと納品するときの方法としてひとつご紹介します。
テンプレートをもらって作業するお仕事をしたときに学んだことです。
逆にこの方法ではなく場所指定で編集してそのまま送るという事もありましたので、お客様により様々と思いますが、覚えておくと便利です。

自分の環境下で作成した物一式をフォルダごと圧縮して送っても見てもらえるのですが、

・展開したときのディレクトリの場所がまず違うので検索をしてもらわないといけないかったりする。(追記:自動的に生成されるメディアキャッシュフォルダとかを消せば問題ないかもしれません)
・素材が別のフォルダなど違う場所に置いてあるものを読み込んでいたりした場合、素材漏れが起こる。
・不要な素材も一緒に入っていたり。

これらの問題を気にしないで素材データすべてを一か所にまとめ、
納品先にプロジェクトデータをすんなり開いていただける方法になります。
下記注意点にも書いてますが、”ディレクトリで素材などを整理している場合は無視されてしまいます”ので、その状態が大丈夫な場合のみかな。

まとめる方法

ファイル→プロジェクトマネージャー

するとプロジェクトマネージャーのダイアログが出てきますので
必要箇所にチェックを入れる
使用しているシーケンスはすべてチェック
ファイルをコピーして収集、保存先を決める
オプションは必要に応じてチェックしてください(「未使用のクリップを除外」は必ずチェックしています。プレビューファイルを含めるは大体外してます)

決まったらOKを押します。

指定した場所に コピー_〔フォルダ名〕

として作成されます。
「未使用のクリップを除外」にしているので中身は使用している素材のみがあります。
他のフォルダで作成した物もコピーされてくるので素材落ちがありません。

プロジェクトマネージャーを利用するとプログラムファイルと同じ場所に素材もコピーされるため、制作時に種類別にフォルダ分けして管理していてもフォルダは無効になります。

お互いにデスクトップで指定するなどすれば、素材検索なくても行ける場合があるかと思います。
あと、最初に追記しましたが自動的にできるフォルダのメディアキャッシュフォルダとかをすべて消せば問題ないかも。

※プロジェクトファイルごとすべての素材を納品となる場合は、
使用素材については十分に注意しましょう。